読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山道六十九次も歩きます。

東海道五十三次を踏破した後。2017年 立春に京を旅立ち、江戸に向けて歩きます。今回の旅路は中山道。

01. 旅立ちのとき - 東海道から中山道へ

2015年秋〜2016年秋にかけて
東京 日本橋から 京都 三条大橋まで
東海道五十三次を踏破しました。

(東海道ブログは こちら)
   ↓

tokaido-aruki.hatenablog.jp

 「千年の都」に足を踏み入れたのは3ヵ月前、
2016年11月6日のことです。

そろそろ江戸に戻らねばなりません。

暦は「立春
今こそ旅立ちの時です。

----------
2017年2月4日 (土)
中山道歩き 第1日目

暦の上では春ですが、
まだまだ寒さ厳しき折。

夜明け前 暗闇に包まれた町の静寂を乱さぬよう
ひっそりと自宅を後にします。

品川駅にて 新幹線に乗り込みます。

東海道新幹線で 1日のうち最初に発車するのは
東京駅 AM6:00始発 のぞみ1号
だと思っていましたが。

それよりも早い便があるらしく
品川駅 AM6:00始発 のぞみ99号
を利用します。

" 東海道五十三次歩き " の際には
JR青春18きっぷ を大いに活用し
移動手段は専ら「普通列車」でした。
徹底的に避けていた「のぞみ」ですが、
今回に限り あっさりと利用させていただきます。

朝日が昇り "駿河湾" を照らしています。

瞬時に過ぎゆく景色を眺めながら
東海道歩きの出来事を 様々に思い起こします。

大井川と天竜川、そして浜名湖
なんて広いのだろう! と思いながら
徒歩で渡った あの時。
今は一瞬で通過します。

目に映り込む風景の 移りゆくのが速すぎて
回想が追いつきません。

これまでの旅の記憶と
これからの旅への期待。

そして、のぞみ99号は「博多行き」だという緊張感。

数々の思いが交錯し、一睡もできません。

24日間かけて歩いた東海道五十三次
2時間強で移動できる新幹線は まもなく京都駅に到着します。

f:id:ofuku53:20170212150143j:image
中山道 今後の旅のお供です。