中山道六十九次も歩きます。

東海道五十三次を踏破した後。2017年 立春に京を旅立ち、江戸に向けて歩きます。今回の旅路は中山道。

07. 追分 - 東海道と中山道の分岐点へ

さて、瀬田の唐橋からほど近く
" 建部大社 (たけべたいしゃ) " を参拝します。
日本武尊を祀る 近江国一之宮です。

一宮 (一之宮・一ノ宮) と言うからには この地で重要な場所、是非ご挨拶しておきたいものです。
f:id:ofuku53:20170423003842j:image

ふと、東海道歩きの際に訪れた静岡の三嶋大社 (伊豆国一宮) のことも思い起こされます。

---
厳かな気持ちになったところで、再び街道歩きを続けます。

f:id:ofuku53:20170423003909j:image
あっ! このパネルは… !!

東海道五十三次を東から西に歩いた際、滋賀県に足を踏み入れた頃から
顔つきが特徴的な "黒目がちの坊や" の姿を 道路の片隅で頻繁に見かけるようになりました。
"子どもの飛び出し注意" を促す看板のようです。

f:id:ofuku53:20170423003943j:image
何気なく渡った水路の両側には桜の木が並んでいます。

来る年も来る年も 地元の方々に春を告げ、子どもたちの通学路となる。
そのような光景を思い浮かべてみます。

桜の名所と謳われ大勢の人々が集う賑やかな場所も良いですが、人々の生活と共にある桜並木にも心惹かれるものです。

さて、そろそろ時間が差し迫ってきました。
只今の時刻は13時。
次の宿場町草津まで あと30分ほどでしょうか。

草津宿は旧道の雰囲気を残しており、できれば趣ある佇まいのお店で休憩したい。

しかし 近江牛を見送り 朝からパンとお菓子でどうにかつないできた体力は既に限界、もう今すぐ休みたい。

やむなく全国展開しているお店に立ち寄り、胃袋と足腰を生き返らせます。

---
ほどなくして草津宿に到達し、重要な地点に差しかかります。
f:id:ofuku53:20170423004018j:image
ここは東海道中山道の分岐点。
「追分 (おいわけ)」とも言われ、旅人にとって目安となる場所でした。

立春の日に京都 三条大橋を発ってから この追分まで、「東海道歩き」の際に通ったのと同じ道を逆方向に進んできました。
当時、日が沈む前になんとかゴールの三条大橋に辿り着かなければ… という思いで
ひたすら西を目指した記憶がよみがえります。

f:id:ofuku53:20170423004045j:image
4ヵ月前、右側の「東海道」から歩いてきました。

f:id:ofuku53:20170423004112j:image
マンホールも追分仕様です。

さあ、ここからが本当の「中山道六十九次歩き」の始まりです。

f:id:ofuku53:20170423004139j:image
これから左側の「中山道」に進み、お江戸 日本橋を目指します。

… と、感動的名場面にひたる間もなく
さっさとトンネルをくぐり、この先の商店街を突き進みます。

時刻は14時をまわっています。
草津駅から電車が発車するのは14時20分。

f:id:ofuku53:20170423004219j:image
なんとか草津駅に到着。

これから電車で9時間強の帰途につきます。

---
各駅停車の列車を何本乗り継いだことでしょうか。
乗り換える度に 眠りの底へと落ちます。

今回の旅は1泊2日
電車移動は片道9時間強
歩いたのは6時間
進んだのは15km

最大の利点は交通費を安く抑えられたということですが、効率はかなり悪く 肝心の街道歩き以外に体力を大幅に消耗しました。

今後の移動手段について検討しながら、列車に揺られ続けます。

----------
★第2日目
2017年3月5日 (日)
大津→草津
   資料上の距離 : 15.1km
   歩数計 (1日) : 19.0km / 33,985歩