中山道六十九次も歩きます。

東海道五十三次を踏破した後。2017年 立春に京を旅立ち、江戸に向けて歩きます。今回の旅路は中山道。

09. 「坊や」の正体

雨がしとしと降り続いています。
けれども今日は「歩く」と心に決めています。

----------
2017年4月9日 (日) AM7:00過ぎ
中山道歩き 第3日目は、
滋賀県 草津駅からスタートです。

f:id:ofuku53:20170620235654j:image
道行く人影は ほとんどありません。

どんよりとした空を押しのけて、私の心の中は 未知なる道への期待で満ち溢れています。

冷たい雨に傘で抵抗する姿勢をみせな がら、東へと舵をとります。

f:id:ofuku53:20170620235716j:image
「黒目がちの坊や」も中山道歩きを応援してくれています。

静かな住宅地を歩き、
f:id:ofuku53:20170620235734j:image
東海道本線の列車が通過する下を
f:id:ofuku53:20170620235757j:image
くぐりました。

さて、草津市を過ぎ 栗東 (りっとう) 市に入ります。

そこかしこで見かけるのは「坊や」の姿。

f:id:ofuku53:20170620235815j:image
少々やんちゃな坊やもいるようです。

f:id:ofuku53:20170620235832j:image
Oh, ボウヤ…

f:id:ofuku53:20170620235901j:image
本日はあいにくの空模様ですが、いたるところで すっかり花開いた桜の木々が出迎えてくれます。

f:id:ofuku53:20170620235921j:image
「大宝 (だいほう) 神社」
大宝年間 (701-704年) の創建と伝わる神社です。
参道の桜並木は風情があります。

f:id:ofuku53:20170620235946j:image
隣接する大宝公園の桜も見事です。

f:id:ofuku53:20170621000004j:image
雨にぬれ 落つる椿も 乙なもの

ささやかにお花見を楽しみながら、朗らかな心持ちで歩き続けます。

… と、ここには
f:id:ofuku53:20170621000022j:image
虎模様のユニフォームを着た野球坊やの姿が。

そして、栗東市を過ぎ 守山 (もりやま) 市に入ります。

f:id:ofuku53:20170621000040j:image
坊やのお友達でしょうか?

f:id:ofuku53:20170621000057j:image
坊や本人は 一里塚の榎を見上げています。

"今宿 (いまじゅく) 一里塚" は、江戸 日本橋から128番目の一里塚です。

この先まだまだ500km以上の道のりが控えています。

f:id:ofuku53:20170621000115j:image
吉川に架かる土橋 (どばし) を渡ります。

ここは 守山宿 です。

間もなく、重厚な空気の漂うお寺の前を通りかかります。

f:id:ofuku53:20170621000131j:image
比叡山 東門院 守山寺」
(ひえいざん とうもんいん もりやまでら)

天台宗の寺院です。
延暦年間に最澄比叡山の東門として建立し、後に桓武天皇より "比叡山を守る寺" として名を賜ったとのこと。
"守山" という地名の由来でもあるそうです。

f:id:ofuku53:20170621000149j:image
門をくぐると、境内の桜が静かに呼びかけてきます。
紅葉の名所であるそうなので、秋には また異なる風景を楽しむことができるのでしょうか。

… さて、歩き始めてから1時間半が経ちます。

止むことを知らない雨により 身体はすっかり冷え、ズボンの裾と鞄は充分に水を吸い込み しっかり重くなっています。

そろそろ ひと息つきたい頃。
時刻はようやく9時をまわるところです。

昔ながらの街道の面影を感じながら、守山の町を歩いて行きます。

f:id:ofuku53:20170621000206j:image
街道の右側に、気になる建物があります。

町家「うの家」(うのけ)

江戸時代末期から明治初期に建てられた造り酒屋で、元内閣総理大臣 宇野宗佑氏の生家であるとのこと。

現在は主屋や蔵などを改修し、守山宿の交流拠点として利用されているそうです。

守山にちなんだ品々が販売されているスペースを眺めていると…

!!

滋賀県に足を踏み入れてからというもの、道路の各所で頻繁に見かけた「坊や」のイラストが描かれた様々な商品が並んでいるではありませんか!

ついにここで「坊や」の名前が判明します。
その名は…

「とび太くん」

ドライバーに子どもの飛び出し注意を促す交通安全の看板。
とび太くんの生まれ故郷は滋賀県であるそうです。

f:id:ofuku53:20170621000224j:image
このグッズを見逃してはなりません。
とび太くんミニノート2冊と、特産品「守山メロン」のエキスが練り込まれた飴、近江路中山道のマップを購入します。

うの家を運営されている方たちと言葉を交わし、とび太くんとの思いがけない出会いにより、雨で塞ぎかけていた心は解放されます。

そして先程から、かなりの空腹を覚えています。

今日この先、どのタイミングで食料にありつけるか定かではありません。
守山宿にいる間に、是非ともおなかを満たしたいところです。

和カフェ「忍ぶ庵」さんは、うの家 敷地の一角にあります。
蔵を利用したお店なのだそう。

早い時間なのでまだ準備中かもしれない、という消極的な気持ちに
どうしても今ここで一休みして鋭気を養いたい、という気持ちが勝り
おずおずと入り口扉を開けてみます。

「お飲み物と軽食であれば ご用意できますよ。」と、お姉さん。
良かった… 。早速注文します。

穏やかな時が流れる空間で、温かいコーヒーとトーストが五臓六腑に沁みわたります。

メニュー表を見ると、茶そば や 地元産の野菜が使われたお料理・スイーツなど、いずれも美味しそうなものばかり。
お昼時に また訪れたいものです。

---

時刻は10時30分。
雨は上がりました。

お姉さんの優しい笑顔に見送られながら
すっかり晴れやかになった心で守山宿を後にします。